ぶどうの栄養と効果

今年もぶどうが届きました!もちろん生酵母の原料となります♪

 山形県で50年以上農薬、化学肥料を使用せず、健康な土づくりをされている自然農法認定 奇跡の無農薬ぶどう職人 稲泉農園さんの野性味豊かなナイアガラです

 

~ぶどうの栄養と効果~をご紹介!

〇ブドウ糖

体内に吸収されやすく、そのままエネルギーになるので疲労回復効果がある。

直接脳の栄養源になり、脳の働きを活発にし、集中力を高める。

 〇ポリフェノール(アントシアニン、レスベラトロール<赤系ぶどう>

抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ。

アントシアニンには眼の疲れや視力回復の効果も。

 〇ビタミン

ビタミンC、ビタミンB群が豊富!

 〇ミネラル

カリウム、リン、カルシウム、マグネシウムなどを含む。

特にカリウムの含有量が多く、塩分の摂り過ぎを調整する。

 〇有機酸

酒石酸とリンゴ酸が豊富。

酒石酸には善玉菌を増やして腸を健康に保つ。

 〇ペクチン

水溶性のペクチンが含まれる。特に皮の部分。腸の蠕動運動を活発にして便秘の改善を促す。

 〇タンニン(しぶみ)

殺菌作用がある。

 

ぶどうって小さな実に栄養ぎっしり。皮ごと食べるのがいいようです!

ついついたくさん食べてしまいそうですが、糖分が多く、お腹がゆるくなるのでほどほどに。

 

食文化研究所の生酵母はこのような生産者さんが手塩にかけた無農薬の果物や野菜を材料にすべて手作りで培養されています💕

 

稲泉農園

https://www.fsec.jp/products/list.php?category_id=260