発酵食品

からだにうれしい発酵食品①~漬物
発酵食品 · 21日 6月 2022
発酵食品は身体によいといいますが、そもそも発酵食品とは 乳酸菌や麹菌、酵母などの微生物が食物に働きかけて分解し、食材の味や栄養価が高められるなど有益に作用した食品のことをいいます。要するによりおいしくなったり、体に良いものに変化した食品のことです。 >今!漬物がアツい! 今回は漬物に注目したいと思います。 野菜が漬物になることで別の味わいになることは説明するまでもないことですね。 それでは、発酵食品である漬物がどんな風に体に良いのかをご紹介していきます。 先般もNHKの番組で紹介されていましたが、 漬物からとった乳酸菌は乳製品からとった乳酸菌に比べ腸内での生き残る量が2.5倍以上 また、腸内で生き残った乳酸菌は悪玉菌を寄せ付けません。 >漬物で便秘解消!美肌! 乳酸菌を摂取している人とそうでない人を比べると 排便回数増加量は10倍 ニキビの減少率が約2倍 以上になったという研究機関でのデータがあります。 これはデトックス効果、つまり新陳代謝が高められ、老廃物が体内にとどまることなく体外に排出することで、吹き出物などを抑え、結果として美肌になったと考えられます